FEATURES

斎藤建設の特徴

高品位住宅15項目

高品位住宅は、財団法人日本住宅・木材技術センターによる、木造住宅供給支援システム認定の「高品位住宅基準15項目」をクリアした住宅です。

設計基準

柱の直下率60%以上、耐力壁線の直下率60%以上
住宅金融支援機構の基準を満たした上で、更に見物構造の強化を図る耐震基準を強化しています。
グリッド構成による間取りプラン作成で、構造の安定とバランスを考慮した設計を行っています。

●柱の直下率=2階の柱の下に1階の柱がくる割合

●耐力壁の直下率=2階の耐力壁の下に1階の耐力壁がくる割合

耐震壁の配置と偏心率

偏心とは、重心より剛心のズレのことをいい、偏心が大きすぎると建物はねじれるようにして壊れる可能性があります。
●重心=建物の重さの中心
●剛心=建物の強さの中心で、壁の配置の偏りで決まる。

地盤調査の実施

スウェーデン式サウンディング

国土交通省にも定められた、住宅建設に適した地盤調査試験です。
多くの国で基準化された方法で、土地の強さ(支持力・沈下量)が容易に判定できます。
先端に専用のロッド(ドリル)を取付けて一定深度にて打撃を与えその回数により、建設地の状態を判断します。

機械式ブレカット部材の使用

含水率20%以下
精密に機械加工(プレカット)された木材を使用しています。手加工に比べ1.5倍の接合強度で噛み合います。

床束

銅製束

床を支える束と呼ばれる支持材に、銅製束を採用。
溶融亜鉛メッキ処理でサビやシロアリを寄せ付けず、圧縮強度は2t以上と、大変強く安心の強さで頑丈な構造を支えます。
施工面では、ターンバックル方式で作業を容易に行うことができ、高さの微調整が可能なため精度も高まります。

剛床施工

2階の床は、非常に剛情の高い工法にて施工し、地震の時には、ねじれを防ぎ耐震性を高めてあります。梁に根太堀りを施し、根太を落とし込んでいき、その上に構造用パネルとプラスターボード(12.5mm)を敷き詰め、床材を施工しています。2階の物音も軽減されます。

外壁通気工法

外壁材と構造躯体(柱)との間に通気層を設けています。結露を防ぎ、建物の劣化を軽減、気密性を維持しながら、壁体内の湿気をスムーズに外へ排出します。透湿性に優れた透湿防水シートを通気層内に施しています。